スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- |スポンサー広告

自由自在に愛を


『光の愛があなたの道を照らし、愛の光があなたの歩みの活力になる。』


愛してるかどうかなんてわからない。
ただ、何となく好きなんだなと判ってる。
だから"愛してる"なんて言いながらハグなんて出来ない。

好きな相手から好きで居て貰いたいからデートも遠慮勝ちになってしまうのは自我が頑張っているからです。
何より自由自在な愛は相手を想う気持ちに向かう事で得られます。
偶然を装って手を繋ぐなんて事は今時の小学生もしません。ましてや手相を占うと称して手に触れるなんて、下心丸見えの中年助平親父です。

むしろ内在する強い想いに身を任せましょう。強いあなたの想いはあなたの衝動的な行動を正当化してくれます。

男でも女でも、好きな相手の存在を温もりとして感じたいのです。気持ちの高ぶりがお互いの距離を縮めます。

相手に対する距離が気持ちを表しています。冷静な振りをして距離を置いて居ては益々気持ちは離れてしまいます。

真っ直ぐに気持ちを伝えた相手が冷ややかな時は相手にその気が無いと言うことなのです。もちろん、その時は冷たくても雰囲気が変われば反転することもありえます。相手に気持ちを伝えるにはTPOが大事なのはそのためです。

愛は自由自在なものです。自我の欲望の見栄や体裁や良く思われたい気持ちなど気にかけません。
高まったかと思えばすっと抜けてしまいます。心の内に相手に対する愛の高ぶり合わせないといつまでも優柔不断の自我に振り回されるばかりです。

自由自在な愛に従うには相手の顔色を窺う自我を無視しないとその波に乗ることが出来ないのです。
スポンサーサイト
2012/11/29 (Thu) 12:41 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

愛の実感


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

愛されている実感はありますか。
愛している実感を持ててますか。

あなたの為に食事を用意してくれる者に愛を帰していますか。愛が無ければあなたは食を得られません。
"頂きます"という感謝の言葉で愛を帰しましょう。

あなたを抱擁し、優しく愛してくれる者に愛を帰していますか。愛が無ければあなたは温もりを得られません。
"愛しています"の返事と行動で愛を帰しましょう。

あなたの成長を見守りあなたの言動に心配りしてくれる者に愛を帰していますか。愛が無ければあなたは無視され不当に干渉されます。
"有難うございます"の想いを感謝の気持ちで愛を持って帰しましょう。

あなたは愛されています。あなたに愛の実感が無くても深い愛に包まれています。

暖かな陽射しに愛の実感を持って下さい。
穏やかな風に愛の実感を持って下さい。
晴れやかな笑い声に愛の実感を持って下さい。
あなたの回りに友人が集う事に愛の実感を持って下さい。

あなたが意識を向けさえすれば愛の実感はあなたのものです。
2012/11/27 (Tue) 12:28 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

誰が愛を殺したか


『光の愛があなたの道を照らし、愛の光があなたの歩みの活力になる。』


愛してるから出来る事と愛していても出来ないことがあります。
愛を生かすも殺すもあなた次第と言うことなのです。
あなたは自分の愛を制限していない積もりでも制限しています。制限を意識していなくても、それは無理だと感じた時点で制限を見つける事になります。

思いも掛けない制限をしているものです。
母親は赤ちゃんの食べているモノを汚いもの、嫌なものとは見ません。食べ残しを食べてあげたり出来ます。
恋人は好きな相手の食べているものを美味しそうだと思います。ちょっと味見させてよとか言いながら平気で同じ箸を使って食べれます。

制限が無いということは愛があると言うことなのです。愛があるからこそ制限を持たないとも言います。

どんなレベルの愛でも制限を持っています。
人が人を愛するレベルで制限の無い愛はありません。
自分の愛こそ最高の愛だと思う人は他人の愛を認められない制限を持つ愛の少ない人です。


制限のない愛は至高の愛だけです。

愛を少なく、制限して、殺しているのはあなた自身です。決して他人ではありません。
2012/11/25 (Sun) 10:58 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

ラブソングを笑え


『今、愛の光が照らし、愛のエネルギーを人の活力にする。』


ラブソングほど笑えるものはありません。微笑ましいとさえ言えるでしょう。

恋する乙女の純情や嫉妬、自制のきかなさぶりを歌うラブソングばかりです。
恋する純粋男のひたむきさや振り向いて貰えなくても一途を貫く滑稽さを歌うラブソングばかりです。

余りにも幼い愛を歌ったラブソングには苦笑しか出ません。こんな幼稚な愛に共感している若者だらけなのかと思うと意識の低さを歎く事すら出来ません。

演歌で愛の情念を歌い上げたラブソングなどもどうかと思うのです。演歌では愛というより未練を歌っていると言えるかも知れません。

愛か叶わないとか愛が欲しいとか誰でも共通の想いをした歌詞がラブソングとして共感を得てヒットするのでしょう。
歌が人々の気持ちを代弁してくれているものである限りラブソングの愛は低い次元にとどまるでしょう。

高い次元の愛を歌い上げる歌はあるのでしょうか。
賛美歌などは神を讃えるだけで愛を歌うとは言えないとしたら皆無なのでしょうか。

愛を人間性に絡めて歌うから次元の低いラブソングになります。
愛をネガティブに歌うから情念がこもったラブソングになります。
愛の持つ明るく力強い前向きな人生讃歌のラブソングこそ今求められています。
2012/11/21 (Wed) 06:17 |恋愛および愛 |トラックバック(1) |コメント(0)

愛は至高


『今、愛の光が心を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』


あなたが欲望と無縁になり、その存在だけで希望が与えられるようになれば"至高の愛"になることが出来ています。
愛以上に貴いものはなく、愛だけが至高です。
愛に並ぶものはなく愛を超えるものもありません。

あなたが愛を与えたり出来ません。あなたとリレーションシップを持つ相手が愛を感じるのです。
あなたの態度が相手の感じる愛を決めます。
あなたの言葉が相手の感じる愛を決めます。
あなたという存在が相手の感じる愛を決めます。

至高の愛はあなたとの至高のリレーションシップが達成された時になされる関係なのです。

あなたが自分の利益だけを考え他の人とのリレーションシップを無視した時愛は失われてしまいます。
自分に関心を持ち何らかの関係性を持とうとした時愛が始まります。
あなたが世界のあらゆるものに関心を持ち何らかの関係性を持とうとした時愛が始まります。

始まりから次第に愛が高まり至高にいたるわけではありません。その高まり方はリニアでなくデジタルなのです。
関係性が深まれば深まるほど、潮が満ちるように突如愛を理解できるようになるのです。
関係性は依存の高まりではありません。むしろ、許容範囲の拡大に比例すると言えるでしょう。
相手を丸ごと批判せず受け入れる関係性を持てた時愛が高まるのです。

愛は至高になれます。
究極にはなりません。
2012/11/18 (Sun) 20:54 |恋愛および愛 |トラックバック(2) |コメント(0)

愛の枯渇の秘密


『今、愛の光が心を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』


あなたの無償の愛は何故、不足するのでしょう。
見返りを求めないもっとも高尚な奉仕の愛なのに力尽きるのでしょう。

あなたの心が狭いからでしょうか。
あなたに不足しているものがあるからでしょうか。
あなたが努力していないからでしょうか。
あなたが未熟だからでしょうか。
原因はあなたにあるのでしょうか。

原因はあなたにあります。でも、心が狭いからでも、不足しているものがあるからでも、努力していないからでも、未熟だからでもありません。

レイキヒーリングは疲弊仕切った人に癒しを与え、生きる活力を与えるものです。宇宙に満ちているレイキをヒーラーさんが感知してアクセスして相手に与えるものです。癒しを施しているときヒーラーの意識はレイキと一つになり、次元エネルギー転換機となってエネルギーの流れを邪魔するものではありません。

愛はレイキとは異なる次元の在り方のエネルギー表現です。人の次元から見たらレイキと混同しても差し支えありません。

人は自我の筒のようなものです。筒の中を愛やらレイキなどが流れます。自我が強く"自分が!"と意識すればするほど筒が細くなりエネルギーが流れにくくなります。激しいエネルギーの流れをコントロールしようとするじがの"自分が!"の意識で流れを悪くするだけでなく、自我も疲れます。
愛を与える、施す。
癒しを与える、施す。
という自我の意識が邪魔をするのです。
忘我は筒になっているのでなく、流されているだけですが、妨害するよりましです。

あなたの無償の愛は不足するのではなく、あなたという自我がしゃしゃり出ることで関留めて居ただけなのです。

レイキに意識をアクセスしたらレイキの流れに任せる。コントロールしようとするのではなくエネルギーの流れを見極めることで癒しが起きます。
愛を意識して愛と一つになったら、愛の眼差しで奉仕する。自分が奉仕するのではなくエネルギーの導くままに行動することで愛する事が出来ます。

愛が枯渇するのを感じたら自分の不明を恥じるのでなく、我の強さを恥じましょう。
愛するのはあなたがするのでなく。あなたの行為を通じて愛そのものが包み込む事なのです。
2012/11/15 (Thu) 12:10 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

トリハダな愛


『光の愛があなたの道を照らし、愛の光があなたの歩みの活力になる。』


心が泡立つのは怖いときだけではありません。
ぞくぞくはワクワクの友達で、びくびくはドキドキの母親です。

心に受ける衝撃は穿つ穴の大きさに比例して強く、心に感じるインパクトは余震の長さに比例して大きいのです。

あなたが感じる怖さはあなたが相手に与える弱さです。
無敵でいたいなら感受性を自分に向けていて下さい。
鈍感で居たいなら関心を心に向けていて下さい。

あなたが期待する喜びはあなたが相手に与える意外性です。
恋愛体質で居たいなら視線を異性に向けていて下さい。
恋する気持ちを知りたいなら声高な呼び声に神経質でいて下さい。

心が鈍摩したら感じるべき愛を無視してしまいます。
柔肌に熱湯は火傷(ヤケド)しますが、鮫肌に熱湯は無痛です。

心が沈下していたら与えられた愛を受け取れません。
素肌に冷風は鳥肌ものですが、鮫肌に冷風は無痛です。

恋する者は恋する気持ちに敏感です。
憎む者は憎しみの気持ちに敏感です。
心の中を愛で満たしていれば心は鈍摩しないし、沈下しません。

心の中を愛で満たしていれば愛が良く分かります。
トリハダが立つように愛のアンテナを持てます。
あなたの心は愛で満たされていますか。
2012/11/14 (Wed) 07:04 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

偏愛


『今、愛の光が照らし、愛のエネルギーを人の活力にする。』

あなたの愛は偏り過ぎています。
傾きを誰もが判るくらい傾ぶいています。

愛とはこういうものだという思い込みがあるから、偏りとは意識しません。
誰の愛も同じ様に偏りがあるから、偏りとは意識しません。

愛とは何かと辞書を引くと"愛着"と書かれているように"~着"しているのが世の中なのです。何事にも執着する意識には傾きという偏りを感じる事が出来ません。
意識する対象に向かう意識エネルギーの偏りが"~着"であり、偏りが大きいと執着として、意識の固着状態が起き、問題を引き起こすのです。

"愛着"とは愛が対象に執着する事であり、仏教が排した自我の欲望の一つなのです。大乗仏教で許容された慈悲は"~着"の無い愛ゆえ受け入れられた訳です。

聖書に記載されるヤハウェは性格の悪い神で嫉妬する神と言われています。ヤハウェの愛は"愛着"であり神の愛ではありません。旧約聖書の中の神は神ではありません。
イエスが説いた愛は民族を超えた神の前に等しいという愛の在り方でした。それでもイエスを犠牲として求める神でした。
キリスト教として流布される様になって、原罪をあがなう赦しの神の愛が生まれて来ました。今でも原罪を認め、神の前に赦しを求めなければ(キリスト教教徒でないと)神の愛は与えられないのです。

人が人を愛する時、偏愛となるのは仕方ない事なのです。意識が対象に向いて傾きが出来、偏るのは自我という主体が有る限り仕方ない事なのです。

偏愛で無い愛は存在そのものの愛だから全体性でしか説明出来ません。
2012/11/12 (Mon) 14:59 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

奇愛


『今、愛の光が照らし、愛のエネルギーを人の活力にする。』

人生には気合いが必要です。気力が落ち込んだり、滅入ったりした時には改めて自分の目的を確認して、気合いを入れなければなりません。

ヘテロな愛が常態としてあるのでホモな愛は最近は認められて来ているとはいえ、違和感のある愛です。
しかし、世の中にはもっと違和感を与える"奇妙な愛"があります。

人に愛を持てずに物に愛を感じる"奇愛"です。
愛は人と人との関係性(リレーションシップ)の中に生まれるものですから、一方的な愛は執着や愛着と言った方が正しいかも知れません。
鉄骨に愛を感じたり、豚に愛を感じたり、山に愛を感じたり、服に愛を感じたりするなんてとても奇妙です。
愛とは何かと定義するのは人それぞれですから、愛とは言い難いと思える奇愛しか持てないのはおかしいと一方的には言えないのかも知れません。奇愛を持つ人からしたらヘテロな人との愛は理解し難いかも知れません。

気力を失ったら気合いを入れ直すのも良いですが、あなただけの奇愛を感じ尽くせば心が充実するでしょう。
2012/11/10 (Sat) 07:52 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

少愛


『今、愛の光が心を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』


身を焦がす恋をしたいですか?
今ある全てを失う価値のある恋です。

あなたが細々と積み上げて来た努力の結晶の大切なものを全て手放すのです。
仲の良い友人、心置けないお隣りさん、やたらとサービスの良いスーパーの店員さん、お気に入りのコーヒーショップ、品揃えを楽しめる雑貨屋さん、ホッとして寛げる飲み屋さんなど全てにさよならが言えますか?

失うものの代わりにあなたが手に入れるものはいつこの恋が終わってしまうのかという恐れと恋する相手の心変わりを気にするびくびくといつまでも恋する相手の心を繋ぎ止めて置きたい焦燥と今さえ良ければいいという刹那さです。
針の上にあるような不安の塊の恋はあなたの心をいらつかせ、落ち着かせません。身を焦がす恋はあなたの心を焦がし、ぼろぼろの古雑巾のようにしてしまいます。
唯一忘我になれるのは恋する相手にしがみついている時だけです。離れて一人になれば心揺れ動き、目の焦点を失い、体震える恋の禁断症状に襲われるのです。
そんな究極の身を焦がす恋をしたいですか?

好きな相手の事を想うだけで心暖まる、少愛はいりませんか。
相手に自分に対する好意があるかどうかは関係なく、自分が小さな愛になっている少愛です。
自己満足・自己充足な愛ですが、回りを愛で何とかしようとしない少愛です。
少愛には安心しかありません。少愛にはまったりした心しかありません。少愛には他人の干渉はありません。少愛には焦りやイラツキはありません。

片思いを愉しむ余裕のある少愛では相手の思わぬ好意も多少の驚きで受け入れる事が出来ます。
お気に入りをのんびり捜す愉しみのある少愛は思わぬ発見や笑顔の挨拶を喜びを持って受け入れる事が出来ます。

少愛を持つ人達が増えていけばやがて大きな愛を発揮出来る場所が出来るでしょう。
少愛を振り撒く人達が増えていけば人と人が衝突することなく平和が実現するでしょう。

身を焦がす恋は究極の身勝手です。
少愛は足るを知る思い深い身勝手です。

それでも、あなたは身を焦がす恋をしたいですか?
2012/11/07 (Wed) 07:04 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

照れ屋で可愛らしく恥ずかしがり屋な愛


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

純粋であるという事は混じり気が無いという事です。初恋が純粋と言われるのは恋という混じり気が心に交わる初めての経験になるからです。

純粋だと平板で奥行きや面白みに欠けるため、詰まらないとも言えます。

スーパーマーケットなどで売られている水はミネラル豊富な水で取水地のネーミングをするくらい豊かな味わいがあります。
自動販売機の水は純水を販売しています。純水は飲んでみれば解りますが少しも美味しくありません。でも汚れを落としたり、余分な味を消すにはとても最適です。米を研いだり、洗い物の濯ぎの最後に使うのに適している訳です。
汚れを交わらせるには純粋であることが最適なのです。

はにかむのは可愛いげがありますが、見ている方にはにかみの要素を持っているから分かる事なのです。
恥ずかしがり屋であるのを可愛いげに見れるのは恥ずかしい思いを知っているからなのです。
照れ屋なのを微笑ましく思えるのは照れた経験と感覚を知っているからなのです。

純粋に近ければ近いほど"照れ屋で可愛らしく恥ずかしがり屋な愛"を持つ事になる訳です。
無論、純粋過ぎる恐さもあるのです。
2012/11/04 (Sun) 10:26 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

慮る愛と阿る愛


『今、愛の光が照らし、愛のエネルギーを人の活力にする。』

自立した人は二種類います。傲慢な人と冷徹な人です。完成した人格を持てて自立出来る人はいません。

傲慢な人は世の中の人を支配者と隷属者として自分を支配者と規定します。
世の中の統べては自分のものであり自分の気持ち次第でどうとしても良いと考えています。自分が善であり正義であると思っています。

冷徹な人は他者との関係を築く事を嫌がります。他人は他人、自分は自分です。たやすく他人に頼るなんて脆弱の極みと思っています。世の中は全て相対的なものだから自分の善が悪に見える場合がある事を知っています。

傲慢でもなく冷徹でも無い人は自立していません。何かに依存している人です。依存の対象は尊敬する人だけでなく、伴侶であったり、子供の頃の憧れの的だった両親だったり、趣味の競馬だったり競輪だったりします。
程度の差はあれど意識していなくても依存をしていて、自立出来ていません。

ほとんど人は依存していて自立していません。
傲慢でありながら依存を持つ人もいます。
冷徹であっても些細な依存をしている場合もあります。

依存している人からの愛はお互いを"慮る愛"です。何かしら依存している事はお互い様であり、大した違いでは無いからです。その思いやりは優しさに満ちた愛です。

自立した人が見せる愛はまがい物の愛です。愛を道具に人を操ろうとする"阿る愛"です。下心見え見えの厭らしい愛です。甘ったるい言葉で下手に歓心を買おうとしますが、乗せられるのはよほどの愚か者だけです。

"慮る愛"と"阿る愛"は自立しているかどうかで大きく異なるものなのです。

え?読めない?
"オモンバカル"と"オモネル"です。
2012/11/02 (Fri) 09:51 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

プロフィール

きゅうとす

Author:きゅうとす
KIN214
白い律動の魔法使い White Rhythmic Wizard
ドリームスペル「青い共振の嵐」の年 律動の月16日(月)

2007・7より観念浄化を始めました。
生来のマイペースで遅々として進みませんが
自分なりに浄化をしています(笑)
きっとこの先には心軽く楽しい人生があると信じて
います。

2011年TUTAYAコミュが閉鎖されるのに伴いこちらのブログに移行します。
愛、恋愛などをテーマに観念浄化ワークと絡めブログアップします。

好きなブログ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
16714位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
1873位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

人生上昇塾

人生に悩んだら・・ココ!

お悩み相談やストレス解消に・・ココ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。