スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- |スポンサー広告

好きなあなたの愛になる


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

あなたを好きになれば好きになるほどあなたから目が離せない。
あなたのことを想えば想うほどあなたの事が気になって仕方ない。
あなたの全てが関心の的です。わたしの知りたい事はあなたの身と心です。

あなたの鼻は外人のように高い訳ではないのにお気に入り。あなたの頤(オトガイ)は醤油顔と言えないのにお気に入り。あなたの耳は福耳程耳たぶがふくよかで無いけどお気に入り。あなたの眉毛はすっきりしたラインでは無いけれど何だかお気に入り。あなたの唇はエロチックな気分にさせるにはちょっと肉薄だけどお気に入り。あなたの目は意志の強さを示した釣り目ぎみだけど、光彩が虹を思わせる光を放つからお気に入り。

黒髪が細毛で揺れる。前髪が汗で湿る。もう少し長い方があなたには似合いそうと言いたい髪型はとても心を揺さぶり、あなたの髪の薫りに埋まりたい気持ちを募らせる。

あなたに似合う服はあなたが身に纏う服だ。あなた好みのパステル系はあなたらしくて夏の強い日差しを和らげ、晴れ渡る青空と積乱雲にとてもマッチしている。爽やかな風が吹き抜けたかのようにあなたの歩んだ後は誰もが振り返り、微笑む。駆け寄り抱きしめたくなる想いを知ってか知らないでか、あなたは軽やかに笑顔を振り撒き、その姿を焼き付けしたい気持ちをそそり、奮い立たせる。

ああ、あなたを見詰める眼だけになりたい。
余計な肉体を削げ落とし、汚穢な自分であなたを汚したくない。

あなたの好きなものはなんですか。あなたの食べたい食べ物はなんですか。あなたの行きたい所は何処ですか。あなたを虜にしている娯楽はなんですか。あなたの事はなんでも知りたい。
あなたの嫌いな事はなんですか。あなたが気分をわるくする出来事はなんですか。あなたの心を縮こませるものはなんですか。
あなたの事はなんでも知りたい。

身も心もあなたに捧げたい気持ちは何でしょう。
あなたの盾になり矛になりたい気持ちは何でしょう。
好きな気持ちではち切れそうです。
好きな気持ちで踊りだしそうです。

あなたの声を聞き、あなたの笑顔を見詰め、あなたの近くにいるだけで、世界は変わって見える。
あなたを知らないでいた灰色の世界はいまや金色の光で満ちたニライカナイだ。

あなたがわたしのことを知り、わたしに語りかけてくれたなら、きっとわたしはあなたの愛になるだろう。
スポンサーサイト
2012/08/31 (Fri) 05:29 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

愛と幸せと活きる意味


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』


愛と幸せが活きる意味だと思っていますか。
成長と自己研鑽が生きる意味だと思っていますか。
平和と喜びが生きる意味だと思っていますか。
奉仕と謙譲が生きる意味だと思っていますか。

今のあなたに必要な事は生きる意味を求める事ではありません。

愛と幸せを生きることです。
成長と自己研鑽を生きることです。
平和と喜びを生きることです。
奉仕と謙譲を生きることです。

あなたが求めていることはあなたがしていることです。
愛と幸せが少ないと感じる事は多少なりともそう生きていると言う事です。
成長と研鑽が足りないと感じる事は少なくともそう生きているという事です。
平和と喜びが不足と感じる事はまだまだそう生きていけるという事です。
奉仕と謙譲を増やそうと感じる事はちゃんとそう生きているという事です。

欲を張らなくても
肩肘を張らなくても
無理を重ねなくても
あなたは今
あなたが望む生き方で生きています。

生きる意味は見つけるものではありません。
生きていなくなってから生まれるものです。
生きていないような生き方をした時に見つかるものです。
シャツの背中の染みのようにシャツを脱いだ時に気づくものです。

だから、愛と幸せに生きましょう。
だから、成長と研鑽に生きましょう。
だから、平和と喜びに生きましょう。
だから、奉仕と謙譲に生きましょう。

それがあなたの生きる意味なのです。
2012/08/29 (Wed) 06:19 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

愛する人と前世の約束と偶然と


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

生まれ変わりを信じるあなたは愛が前世から続いていると信じているのでしょうか。前世の記憶は消え去っても魂の奥底に愛が残るとロマンチックな想いを持っているのでしょうか。
魂のクリアリングの意味を理解するならシビアー過ぎる転生システムに戦慄するでしょう。それにはあなたがあなたである理由を知らないといけません。

あなたがあなたである理由は何だと思いますか。
あなたが転生する前のあなたでなく、記憶をクリアリングされたあなたにされるのはあなたを新しくするためです。
クリアリングされるという事は事故車を事故の痕跡が判らないように修理リペアして見た目を新しくすることでなく、同じ仕様の新車にする事または、ドラえもんのタイム風呂敷で新車に戻すという事です。

寿命論という本を読みました。
遺伝子が交配されるという事は色々な遺伝子を生み出す為では無いのかも知れないという事です。優勢・劣勢遺伝子の別から表に出ない遺伝子配列があり、遺伝敵には親とさほど変わらなく受け継がれて行くようです。その主たる目的は遺伝子を新しく生み出すところにあるのではないかと言うのです。
@@@@@@@@@@@@@@@
寿命論―細胞から「生命」を考える (NHKブックス) 高木 由臣
http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/414091128X/ref=dp_image_0?ie=UTF8&n=465392&s=books
@@@@@@@@@@@@@@@

クリアリングは色々な意味合いを与えられていますが、クリアリングすることが魂を変えずに新しく始める事で自己更新を計っているという解釈ができるのではないでしょうか。
だからリペア型のクリアリングではないのです。
前世の愛の跡は残っていないというより、最初からないという事になります。

では、前世記憶といわれる現象は何なのでしょうか。前世と今生に何の繋がりが無いなら相互シンクロニシティではないかと思うのです。相互に夢ファントムであり現実リアリティなのです。

前世を思い出すというより前世を経験し直すという、解釈の違う経験をすることができる事になります。前世は今生に影響しないからです。もしかしたら、今生は来世の自分から干渉を受けながら生きているのかも知れません。

愛する人と前世の約束を相互シンクロニシティで偶然に思い出すなら今生でも同様に愛し合う事になれるかも知れません。
2012/08/27 (Mon) 19:32 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

やっぱり愛がなくちゃ


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

愛に渇きを感じる人は自分を愛していません。
だから、砂漠の沙(スナ)が水を無限に吸い込むように愛を渇望するのです。

〓成る程

愛を切望する人は自分から愛そうとしません。
だから、真空の宇宙空間で声を枯らして絶叫して想いを届届けようとするように愛を切望するのです。

〓成る程~

・・・・

愛を求有する人は・・・・
〓成~る程ぅう

愛について真面目でないなら愛を考えて居るとは言えません!愛を必要とするなら自ら愛の言動をもって愛を与えることが大切になってくるのです!誰も愛を感じない人を愛したいとは思わないし、愛する動機も生まれて来ないのです!
愛には愛が!
親切には親切が!
優しさには優しさが!
いたわりにはいたわりが!同じものが帰って来るのがこの世の仕組みなのです!
ハアハアハア~〓

〓な~る~程ぅ(笑)

異論があるようですので、不真面目なチャチャ入れないで言いたい事を言って下さい。

〓じゃあ、言うけど愛を与えない人は愛を受け取る資格が無い、愛されないって事なの?それってほんとに愛なの?愛って無償で見返りを求めないものなんじゃないの?
ど、どうよ。
       へへん〓

指摘は至極正論です。
前提があっての話ですので前提を説明しましょう。
この世・あの世は波動で出来ています。波動は、波形、振動数、周期、振幅、波長、波数などの物理量が定義されます。波形、周期、波長が近い・似てる波動は同じになろうとする力、つまり引力が働きます。波形、波長が違い周期が公約数を持つ波動は類似の力、"興味"という意思の力を生み出します。
愛も波動です。
人や愛の種類によって様々ですが、波動そのものを調和させる力を持った基本波動です。周波数が高く多次元に渡る波動の為目に見えず触れもしませんが、意思の力で愛の波動を強める事が出来ます。

この前提に立つ時

愛には愛が、親切には親切が、優しさには優しさが、いたわりにはいたわりが、同じものが帰って来るのがこの世の波動の仕組みなのです。

ちなみに正反対のものが引き合う力を生むのは波形、波長が違い周期が公約数を持つ波動の類似の力、"興味"という意思の力が働くのです。正反対はエネルギーベクトルの向きが相対しているだけの同じ波動という事です。

だから、あなたにやっぱり愛がなくちゃいけないのです。
2012/08/25 (Sat) 16:39 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

愛や恋という超危険物


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

愛や恋が穏やかだけだったら誰ものめり込んだりしません。
春の温もりに充ちた愛は心を癒してくれますがドキドキはくれません。
秋の清々しさに溢れた愛は信頼の確かさを与えてくれますがワクワクはくれません。

ドキドキやワクワクのない愛は期待に胸膨らませる喜びの種類が違います。

好きな相手に逢える嬉しさは体じゅうの細胞を目覚めさせます。
楽しい相手に逢える喜びは心いっぱいにイメージを膨らませます。

一緒に同じ事をする楽しさは好きだからこそ、ドキドキします。
見詰めて笑い合う可笑しさは好きだからこそ、ワクワクします。
手を繋ぎ結び合うドキドキこそ、愛してる気持ちを強くします。
心を通い合うワクワクこそ、愛されている気持ちを強くします。

愛は心臓にあまり良くありません。
ドキドキを早鐘にします。愛は気持ちにあまり良くありません。
ワクワクを爆発させます。
恋をして毎日が薔薇色に輝いたら何もかも愛おしいでしょう。
恋をして好きになったら相手の呼吸さえ芳(カグワ)しいでしょう。
恋をして世界が変わって見えたら敵さえ愛おしいでしょう。
恋をして無謀なチャレンジも楽勝に感じたら心に愛が溢れ出ている証拠でしょう。

平凡な今までの世界にさようならして、愛のトキメキに満ちた世界の住人になるのは愛や恋という超危険物の持ち主になることです。愛や恋の感情の前にカクゴやケツイはたやすく吹き飛ばされてしまうでしょう。
2012/08/24 (Fri) 06:39 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

愛無き螺旋


『光の愛があなたの道を照らし、愛の光があなたの歩みの活力になる。』

愚痴を言って楽しいですか?
陰口を言って面白いですか?
悪口を言って愉快ですか?

味覚障害とは
味蕾に入るデータが狂って正しい味を判定出来なくなり、誤った味の判定をしてしまう症状の障害です。
感覚障害とは
五感が異なった五感に互換されてしまい、楽しい感覚が辛い感覚になったり、嫌な感覚が愉快な感覚に正しく感覚を捉えられなくなる障害の事です。(byきゅうとす)

悪口や陰口や愚痴を言う人は感覚障害なのかも知れません。
悪口や陰口や愚痴を言うことは楽しい事ではない筈です。
悪口や陰口や愚痴はマイナスの感情を呼び起こし、精神エネルギーを低下させるものだからです。
悪口や陰口や愚痴を言って他人を貶めても自分はちっとも偉く成れません。毟ろ、悪口や陰口や愚痴を言っている姿は他人から見て愚かしい姿です。

悪口や陰口や愚痴を言う人は自分の姿を気にしていないのかも知れません。
悪口や陰口や愚痴を言う人には悪口や陰口や愚痴を言う人が集まって来ます。
悪口や陰口や愚痴を言う人は悪口や陰口や愚痴を言われている人です

自分が如何に不幸な人生を送って来たかを滔々と喋りたがる人は不幸自慢をしたい人です。
他人の不幸は蜜の味と思っている人は味覚障害に似た感覚障害に陥っています。ドップリと暗い黒いエネルギーの中で悪口や陰口や愚痴を言って来たせいなのです。不幸自慢を過去の記憶の中ですることは暗い黒いエネルギーを増幅している事に他なりません。

不幸自慢には愛がありません。自己愛、自己憐憫があるように見えますが違います。不幸を呼び寄せ、幸せそうな人に寄生させたいという嫉妬や羨望があるだけです。
たとえそんな事が出来たとしても自分はちっとも幸せにはなれません。むしろ、更に闇が濃くなり自分や周りが見えなくなって行くばかりなのです。

悪口や陰口や愚痴を言う不幸自慢は自分を底無しの闇に落とす螺旋の無限階段なのです。
2012/08/23 (Thu) 12:22 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

愛を見せつける


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

人を愛することは個人の心の内に起きることです。
自分の愛を示すのは愛する相手に出来れば善いことであって、如何に自分がこの人を愛しているかを赤の他人に見せ付ける必要はありません。

見せ付ける愛は醜いものです。

それでも、思いも掛けずに愛を二人だけで交わしているのを見ると微笑ましく思います。お互いを優しく思いやる愛はこころがほっこりするのです。

愛している姿を見てほしいという欲望は倒錯しています。自己顕示欲に転嫁してしまった愛と言えるかも知れません。

見られる事による欲望の充足は他者への愛とは真逆の位置にある愛でしょう。自分への愛(注目)を求めている姿なのです。極論すれば愛ではないという事なのです。
2012/08/20 (Mon) 05:32 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

愛して吹き流されて


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』


愛には能動的な愛と受動的な愛があり、バランスを欠くとストレスになります。
受動的な愛というのは受け入れる愛であり、優しく包み込む愛なのです。
人は一人で生まれ一人で逝かなければならない孤独な存在ですが、立ったままでは居られなくて座る必要も時にはあります。
受動的な愛は孤独な人を支える杖のようなものです。疲れ果てて立ち上がるまでの間温かく包むための愛が必要なのです。
甘えは必要の無い者には毒ですが、愛を持って受け入れる者には力を与えるカンフル剤になるのです。

能動的な愛というのは支える愛であり、奉仕の愛です。
人の心は丸く、エネルギーに満ちた時明るく輝きます。自分が満足している時は自分のエネルギーを分かち与えたくなるのです。
愛を与え、相手が喜びのエネルギーを放つ時喜びのエネルギーを受け取ります。エネルギーの履歴を知って自分の存在価値を認める事が愛を高めて行くのです。
能動的な愛と受動的なな愛はウロボロスの蛇のようにお互いを必要としています。お互いの愛を増幅し合っているのです。

どちらかが過大になるとバランスを欠いた弥次郎兵衛のように傾き回り出します。
世の中を斜めに見て正しく見れません。正しく考える事も出来ません。
傾いて回り出すとやることなすこと全て空回りになり心にストレスを掛ける事になります。

普通の人はバランスを欠いて能動的な愛ばかりだったり、受動的な愛ばかりだったりしているのです。
愛を持って生きてるのに何故虚しさを感じるのか解らずにいます。
愛を実践しているのに何故心苦しくなるのか知らずに混乱しているのです。


愛にはバランスが必要なのです。
バランスの無い愛は風に吹き飛ばされる枯れ葉のようです。物悲しくもひらひらと・・・・愛して吹き流されて
2012/08/17 (Fri) 10:43 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

愛を理解する態度


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

あなたは愛されています。
こんな言葉は使い古された宗教の勧誘のようですが、事実です。

誰に愛されているんだろ?なんて考えると勧誘の言葉に乗る事になります。
"神"という概念に愛されていると宗教は答えるでしょうが、あなたが愛されているのはあなたの肉親であり、伴侶であり、子供達です。

あなたの肉親、伴侶、子供達はあなたが愛している人達で、愛されているかどうかなあ~なんて感じているかも知れません。

会えば子供達を甘やかしていつもは禁止していることをおおめに見させる両親に愛されていないように感じるかも知れません。お前より孫に逢いたいからたまには帰って来いという両親にはちょっぴり憎たらしく感じているかも知れません。自分の子供を愛さない親はいません。愛していないようにみえるのは愛し方がぎこちないせいです。
恋人のように優しくなく、事務的であまっさえ文句や愚痴ばかり言う伴侶には少し憎しみを感じているかも知れません。仲良くしたくても顔を見れば要求ばかり指示ばかりしたがる伴侶には飽き飽きしているかも知れません。でもあなたを愛して、信頼しているから他人にはしない態度をあなたにだけしているのです。
ちっとも言うことを聞かず自分勝手で何かを買って欲しい時ばかり素直な良い子ちゃんをする子供達には便利な親に思われているのではないかと疑っているかも知れません。親を親とも思わぬ態度で要求を突き付けて、身の回りの世話をさせるお気楽極楽な態度には呆れ返っているかも知れません。でも、気取らず自分の気持ちをさらけ出せるのは無意識に自分が愛されていることを知っているからです。優しさや思いやりだけが愛ではありません。信頼して甘える事も愛のうちです。

よくよく見ればあなたの身の回りには愛に溢れかえっています。どんなに辛い境遇でも自滅の道を歩まず、辛抱の人生を続けられるのはあなたを見えないところから支える愛があるからです。

愛を理解出来ないのは愛を見ようとしていないからです。あらゆる出来事、言葉、態度に対して"自分の事を特別に扱え"と要求するから敵対して感じてしまうのです。
あなたをあらゆる出来事、言葉、態度で優しくするだけが愛ではありません。あなたの成長を願い、あなたを慕い、あなたを信頼する人達もあなたを愛しています。

愛を理解する態度とは全てを受け入れ、愛に変換する態度の事なのです。
2012/08/15 (Wed) 07:27 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

愛する者は愛される者


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

生きている人は誰も愛している人がいます。
両親であったり、配偶者であったり、子供達です。
赤の他人を誰より愛しているという人はいません。

愛することを上手く表現出来ず、婉曲に言ったり、例えたり、果ては意地悪したり、無視したりします。
愛することをただ一言言うのに必死になったり、緊張したり、果ては暴力を振るったりします。

何故こんなにも誰もが愛を表現出来ず苦しむのでしょうか。

素直に愛している事を受け入れていないからでしょうか。
素直に愛している事を表現してはいけないと教えられて来たのでしょうか。
愛することの素晴らしさを知らない訳ではないのに、愛されない事を恐れるせいでしょうか。
愛を打ち明けられ、愛されていることが判って尚、愛が消え行くのを見てきてからでしょうか。

愛する者は愛される者です。
愛の深さを信じられる者は愛の深さに救われる者です。
愛の強さを知る者は愛の強さに支えられる者です。

愛する者は何を愛するのでしょうか。
人格でしょうか。
性格でしょうか。
外見でしょうか。
お金でしょうか。
素直さでしょうか。
優しさでしょうか。
ひたむきさでしょうか。
センスの良さでしょうか。
いたわりの深さでしょうか。
心くばりの素晴らしさでしょうか。

他人は自分の鏡というように他人の中に見出だす、自分の素晴らしさでしょうか。
他人は自分の鏡というように他人の中に見出だす、自分に無いものでしょうか。

愛する者は愛される者

この言葉が府に落ちた時、愛を真に表現出来るでしょう。
2012/08/13 (Mon) 12:41 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

愛は変、恋は変


『今、愛の光が照らし、愛のエネルギーを人の活力にする。』


狂うのは正気の時があるからです。
いつも正気を失っていれば狂うという事は無いのです。

"恋に狂う"や"愛の狂気"とは恋や愛で正気を保った事があるか、恋や愛そのものが正気で無いという事になります。

正気の愛や普通の恋はどんなものでしょうか。
好きになった相手の行動に嫉妬したり、相手を独占したがったり、甘えて纏わり付くことの無い恋でしょうか。
好きになった相手の愛を信じて如何に自分が愛しているか言わない、相手の人格を信頼して自分に対する意見を素直に受け入れる愛でしょうか。

物足りない、控えめな愛。気持ちを表さない良く判らない恋のように感じるでしょう。
それはあなたがいかに自我を強く表に出しているかという事です。

"恋に狂う"や"愛の狂気"は自我が恋や愛に狂っているという事です。
狂うとは夢中に為りすぎて回りが見えなくなることの過剰な表現です。

自我が強すぎると愛や恋に振り回されます。
狂うのが嫌なら自制すれば良いのです。
狂うのが嫌なら自我を小さくすれば良いのです。
2012/08/11 (Sat) 08:54 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

愛してくれる人、愛してしまう人


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

愛したい相手は愛してくれる人です。
愛してしまう人は愛してくれる人です。

ひたむきに愛して来る人を拒否するにはそれなりに理由が必要です。

生理的に受け付けない人もいますが、拒否する場合というのは殆どが誤ったイメージを持ってしまった場合です。

ファーストインプレッションが大切というのはそのためです。
リアルでの出会いもSNSでの出会いも変わりません。

何がファーストインプレッションを悪くするのでしょうか。
外見、言葉、声、身振り、雰囲気、服装、髪型・・・・その人を見せている全ての内の幾つかが引っ掛かって来るからです。

印象を持つあなたの側にトリガーがあります。

曰く、素敵な男性は髪型が格好よくなくちゃ
曰く、明るい笑顔で無い人は根暗よぅ~
曰く、安物の服をセンス悪く着るなんて最低ぃ~
曰く、言葉遣いが汚い~良く聞こえない~
と言った具合です。

ファーストインプレッションで殆ど相手の評価を決めています。"こういう人"という思い込みはなかなかひっくり返せません。

ひたむきに愛して来る人を拒否するにはそれなりに理由が必要です。

相手の愛が愛でなく押し付けの愛着の場合は受け入れ難いでしょう。
所謂、ストーカーです。
ストーカーは自我肥大症ですから、他人の言うことを聞きません。自我を認めてくれる人だけが味方です。ちょっと優しくすると愛されていると思い込みます。ちょっと褒めると惚れ込んでいると勘違いします。
自我にとって心地好い事だけが全てです。

偏執的愛着と言えど愛に変わりなく、対処には世の中に沢山方法論が出回っているので此処では言いません。根本的には愛を断ち切るのが一番です。徹底的無視か相手の度肝を抜き、思い込みを破壊するより他は有りません。要は相手に嫌われる事です。

愛すること、愛されることは一番大切です。
愛したい相手は愛してくれず、愛してしまう人は愛してくれない人になることが愛を難解にします。
2012/08/09 (Thu) 12:23 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

自我よ、自我よ、愛を


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

もしかしたら、自我はひとつかも知れません。人間の個人の自我はひとつの大きな自我の一部分のようなものかも知れないのです。


自分を認識出来るのは自分だけです。他人には他人としか映りません。
自分の心、意識のなかで思考を紡いでいるのは自分だけの筈ですから、自己人称はありません。
"僕は~と思う"とか"私は~だなあ"とは思考を働かせないのです。もし、他者の意識、思考が入って来たなら自分の意識、思考と区別がつくでしょうか。
意識、思考の重い/軽いや明るい/暗いくらいの判別はつくかも知れませんが、普段から自分意識、思考を観察していないと全く解らないでしょう。

これは意識、思考を紡ぐ主体である自我がひとつだからかも知れません。巨大な自我のほんの一部分を区分けして、個人たる自分を意識しているだけなのかも知れません。

普段しない事を思いつきで行動したり、気にもしなかった事が急に重大な事に感じたり、まるで自分でない他者が自分を動かしているような時とは、巨大なひとつの自我の別の部分が自分をコントロールするからでは無いでしょうか。

自我と自我がぶつかり合うと軋轢を生みます。お互いの我が相手の我を支配したがるのです。境界を越えて相手とひとつとなるという意味に於いては愛の衝動となんら変わりはありません。人間の愛は相手を支配したりされたりするのを目的としているからです。

愛によって境界を失った自我は自他の別を持ちません。愛しているあの人の想いは自分の想いです。特に考えも無しに気持ちが通じる訳です。

軋轢があるということは自我が分離している証拠と言うことです。

もちろん、ひとつの巨大な自我というのは比喩であり隣り合わせは隣でなく別の誰かです。自我という巨大な空間の中を個人という自我が浮遊しているイメージでも構いません。自我同士がぶつかり合うのが人と人の出会いになる訳です。
ぶつかり合う出会いで相手の自我を支配したり、支配してもらい保護を受ける事が愛と呼ばれるものなのです。

人間の愛は自我の関係で出来ているという事です。自我の関係を築く過程で優しさを感じたり、安心感を抱いたりするのです。

自我の完全なる一体感を愛と呼んでいるのではありませんか。
2012/08/07 (Tue) 12:46 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

愛よ、さらば


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

愛の人は愛を語りません。愛の人は愛を体言する人だからです。

語る普通の言葉に愛のエネルギーが満ちています。
語る普通の瞳に愛が溢れ出ています。

見詰めるその笑みに愛の力が輝いています。
見据える困難に愛の勇気がほとばしっています。

腕を上げるその仕種に愛の優しさが感じられます。
歩むその歩幅に愛の確かさが見つかります。

愛の人になれば愛から卒業します。
愛を語る事から卒業します。
愛を学ぶ事から卒業します。
愛を教える事から卒業します。

愛の人になるには愛を極める必要はありません。
愛が愛を高みに導くからです。愛の人が生きているだけで愛は強くなるからです。

愛の人は愛そのものだからです。


愛よ、さらば
です。
2012/08/05 (Sun) 11:04 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

愛、愛、愛に泥酔


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

愛の香りがむせ返る世界では愛に泥酔するしかないのです。

愛を語らい、愛で騒ぎ、愛に迎合して笑い合うのが普通に行われている世界です。

愛が本心を隠し、愛の仮面で騙し、愛の言葉で搾取することが横行している世界です。

挨拶は"愛しあってるかい"です。
愛し合うのが当たり前で愛し合えないのは人間として欠陥があると見做されてしまうのです。
男と女は言うに及ばず、男同士、女同士も、稚児愛も、悍(オソ)ましき老人愛、デブ専愛などが許容され、密かに交わされいる世界です。

人間同士の可能な限りの愛で強く肉体を駆使した愛を交わし合います。
四十八手以上を研究し尽くす勢いです。快楽の為なら人外の動物とも愛を交わそうとするものもいる世界です。

かつてのソドムとゴモラが霞(カス)むほどの愛が満ち溢れる世界を人間は生み出しました。宗教や倫理が力を失い色を消す世界では唯物論、快楽主義が力を増し、蔓延(ハビコ)ることになりました。科学技術は人間社会を便利にしましたが、哲学は無視され、人間の価値さえおとしめた世界となったのです。

自らを見ず、愛に溺れることは、愛そのものが何を意味するか、何を生み出すか、世界を改変するかの責任を果たさず、追求もせず、泥酔することになったのです。

世界再生・・・リバースワールドの時が迫っています。個人の意識変革が愛を変え、世界を変えます。
2012/08/03 (Fri) 17:55 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

愛は双頭の龍


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』


愛には双頭の龍のように二つの顔があります。力があります。

ひとつは人と人を繋ぐ力になることです。
ひとつは人を深く理解する力になることです。

愛はリレーションです。
お互いの人間としての尊厳を認めることから関係が始まるのです。
自分の方が上だとか、優れているとか、相手の方が欠点が多いとか比較を始めたらリレーションは成り立ちません。優劣の意識は愛と相容れません。
自分が正しく相手が間違っていると正義を言い、批難し合ったらリレーションは成り立ちません。善悪の意識は愛と相容れません。
相手に負けたとか自分の方が勝っているとか強さにこだわっていたらリレーションは成り立ちません。勝敗の意識は愛と相容れません。

愛は自分を知ることです。自分の中の愛を見つけだす事です。
自分の弱さは愛の一面です。弱さが解るからこそ他人の弱さを認められるのです。
自分の臆病さは愛の一面です。臆病さが解るからこそ他人の臆病さを認められるのです。
自分の無責任さは愛の一面です。無責任さが解るからこそ他人の無責任さを許せるのです。
自分の狡さは愛の一面です。狡さが解るからこそ他人の狡さが解るのです。

自分にあるものは他人にもあります。他人にあるものは自分にもあります。
良いところ、善いところ、、好いところ全てあります。
良くないところ、悪いところ、嫌いなところ全てあります。
自分にあるものが他人にもあることを全て認め受け入れることこそ愛です。
それができる自分であることを信じる事も愛です。

自分の中の愛を見つける事は他人の中の愛を見つける事と同じなのです。


愛には二つの力があります。

龍の力のように人と人を繋ぐ力です。

龍の力のように人を深く理解する力です。
2012/08/01 (Wed) 07:33 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

プロフィール

きゅうとす

Author:きゅうとす
KIN214
白い律動の魔法使い White Rhythmic Wizard
ドリームスペル「青い共振の嵐」の年 律動の月16日(月)

2007・7より観念浄化を始めました。
生来のマイペースで遅々として進みませんが
自分なりに浄化をしています(笑)
きっとこの先には心軽く楽しい人生があると信じて
います。

2011年TUTAYAコミュが閉鎖されるのに伴いこちらのブログに移行します。
愛、恋愛などをテーマに観念浄化ワークと絡めブログアップします。

好きなブログ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
5539位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
804位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

人生上昇塾

人生に悩んだら・・ココ!

お悩み相談やストレス解消に・・ココ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。