スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- |スポンサー広告

愛と愛


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

あなたの愛が強すぎて私の愛が消えてしまうという事はありません。
あなたの愛を癒しのライトグリーンとすれば私の愛は落ち着きのマリンブルーです。
色違いのように愛は特質が違いますが光が干渉し合う事はあっても、消えてしまう事が無いように愛は消えません。むしろ増幅し合って輝きを増します。その光は太陽の輝きのような愛でしょう。

愛と愛が出逢うと互いに押し退け合うという事はありえません。根源が同じだからお互いを受け入れ合うといった事が起きるのです。

癒しのライトグリーンを私が受け入れればその愛のエネルギーを落ち着きのマリンブルーの力として与える事になるのです。その逆の事も同時に起きます。

自分には愛など無いと思っている人がいます。
大きな間違いです。大いなる勘違いです。
"愛の人"のように輝き、惜しみ無く与える人のようにあなたの愛が見えないだけで、愛が見えにくくなっているだけです。
どんな人でも、どんな気分の人でも、どんな状況の人でも、どんな悪人に見える人でも愛を失う事はありません。

愛は体温のようなものです。生きている限り発しています。ただ、その人によって違うだけです。
激しく活発な人は熱いように激しく愛は輝きます。体調がすぐれず、動きの鈍い人は活発で無いから愛は蛍光のように光ります。

愛の見え方が違うからと言って愛が無い訳では無いのです。
どんなに悪人に見える人でもいつでも何にでも悪人では無いのです。何気ない子猫に小さな愛を振り向けたりすることもあるのです。

愛は愛に感化されます。
愛に熱い人の近くにいると愛に熱くなります。考えが同調するためと思えますが、愛の質まで同質化するのです。

愛と愛は愛と愛のように結び付きリレーションします。愛が愛を引き寄せるから人間関係が生まれるのだと言っても言い過ぎでないかも知れません。愛と愛はひとつになりたがるのだと言えるかも知れません。
たった独りで生きているように見えるあの人はあなたに振り向ける愛が小さいだけで、生活の別の部分で愛を発しているのかも知れません。あなたの知らないところで愛のリレーションを持っているのです。
均等に誰にも同じだけ愛を振り向ける生き方もいびつに極端に愛を振り向ける生き方も愛のある生き方なのです。

愛の無い人はいません。
人と人がいる限り愛と愛はひとつの愛になりたがるのです。
スポンサーサイト
2012/05/30 (Wed) 07:07 |恋愛および愛 |トラックバック(1) |コメント(0)

愛に迷う


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

自分は果たして"愛している"のだろうかと自分の"愛"を疑うものです。
"愛している"とは何をどうすることなのか見失うからです。

強い想いが愛だと思って来た人は想いが弱くなると疑います。
人の想いは強くなったり弱くなったりするものであるという自明の理を"愛している"と思っている時は忘れているからです。

相手を思いやる事が愛だと思って来た人は不機嫌な気持ちが続いて、相手を思いやれなくなると、愛が薄れてしまったのかと自分不信に陥ります。
自分の気持ちはいろいろな出来事や感情に左右されるものなのだという自明の理を"愛してる"と思っている時は忘れているからです。

"愛されている"という想いを抱くのも同じなのです。
永遠に変化なく"強い想い"は続きません。
永久に斑なく"思いやられる"事など有り得ないのです。

愛に迷うのは自分の信じている愛が何か見つめ直す必要があるという事です。

愛に迷う事なく愛に一筋になりたければ自我(妄執)の声を無くす事です。自我(妄執)は自分の考えにさえ固執し、自分の正しさを喚(ワメ)き起てます。
自我(妄執)の声を聞かないか、小さくすることが愛に迷う事を無くす唯一の道です。

唯一正しい愛があると言う自我(妄執)の声は自家撞着した妄想です。
愛に迷うのが人間です。
愛に迷わないのは愛の結晶である赤ん坊か愛を無視する愚か者だけです。
2012/05/28 (Mon) 12:29 |恋愛および愛 |トラックバック(1) |コメント(0)

愛とは寛容


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

寛容性が愛の性質のひとつであるのは間違いないでしょう。

自分(の行動や思考)を自分が許せないと思うのは結果から来る妥当性や因果性が認められないからです。
セルフイメージと自分(の行動や思考)が一致しないと感じているからです。
概ねセルフイメージは他人の評価より高めに置かれ、自己評価は低めに裁定されがちです。セルフイメージは年齢が高いほど自己実年齢より低くなり、体力、気力、記憶力が高めになります。その為、自分(の行動や思考)が"老いた"と思うのです。

セルフイメージを今の自分(の行動や思考)に合わせる事が自分を認めることに繋がります。
そうすることで、他者を今のままに、自分のイメージで見ずに見ることができるようになります。
それは他者を自分のイメージで批判しなくなるという事です。

寛容性が拡大したと言う事になります。

愛か深まるという事です。
2012/05/26 (Sat) 22:54 |恋愛および愛 |トラックバック(1) |コメント(0)

超愛歌


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

>もたもたしすぎて
またもや季節が終わる
一度でいいから
歌ってみたいんだ
SUPER LOVE SONG
戦争が終わり
善悪の観念も消える
思わず君が震えてしまうような
SUPER LOVE SONG

ダメとイヤばっか
ぶつけあうため
僕ら出会うわけじゃないよ
つぶしあい...なんて時代遅れ

相乗効果で
ヨクなろう
同じベクトル持った僕ら無敵
状況変化に戸惑わん
ぶっとい根っこで
ギュッとつながってる
ばらまいてよ
Good News

愛なら衝突することはないし
増えも減りもしない
静かにそこにあって
動かない
人はただそれを見つければいい

相乗効果でヨクなろう
同じベクトル持った僕ら無敵
状況変化に戸惑わん
ぶっとい根っこで
ギュッとつながってる
狂信的な正義が
道行く人々を
脅しまくる
そんな行為は 粋じゃない
さりげない やりとりで共鳴しよう
ばらまいてよ Good News

by SUPER LOVE SONG (B'z)

スピリチュアルを知る人なら"愛"が無敵と知っています。そんな歌をB'zは歌っているのです。
数年前、良い歌があると教えて貰い、即、買ってしまいました。
CD買うのは何年も無かったのに、残り少ない小遣い叩いて買ったのを覚えています。
今回、WALKMANを買ったので久しぶりに引っ張り出して録音して、朝晩の自転車通勤時に大音量でガンガン聞いています。

"愛なら衝突することはないし、増えも減りもしない。静かにそこにあって動かない。人はただそれを見つければいい。"というフレーズは愛の本質をついてます。
真の愛は大地や空気や水のように静かにそこにあって人間が生きるのを支えているエネルギーなのです。

人間は自我の欲を隠しながら生きているからぶつかり合い、喰らい合い、奪い合います。
それが"ダメとイヤばっかぶつけあうため"とか"狂信的な正義が道行く人々を脅しまくる"になる訳です。

"つぶしあいなんて時代遅れ"
じゃあどうするのか。

"さりげない やりとりで共鳴しよう。ばらまいてよ Good News"をすれば良いのです。

なぜなら
"ぶっとい根っこでギュッとつながってる、同じベクトル持った僕ら"

だからこそ
"相乗効果でヨク"成れるのです。

それが
"SUPER LOVE SONG"
という事です。
それが
"超愛歌"
なんです。
2012/05/24 (Thu) 09:49 |恋愛および愛 |トラックバック(1) |コメント(0)

愛・天使


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

天使が見える人がいます。天使を見える人がいます。天使を感じる人がいます。天使と話せる人がいます。自分を天使だと主張する人がいます。

天使とは何でしょうか。

>英語の Angel はギリシア語のアンゲロスに由来し、その原義は「伝令」「使いの者」である。古代ギリシア・ローマ世界では、アンゲロスは生身の人間としての伝令であると同時に、神々と人間の中間の霊的存在としての伝令を指す言葉でもあり得た。また、「密使」を意味するペルシア語の「アンガロス」や「神の霊」の意であるサンスクリットの「アンギラス」も、ギリシア語のアンゲロスとともに語源に挙げられることがある。
  by Wikipedia

『霊的な神の御使い』という事ですね。

>天使は主に二つの類に分かれる。第一は「み使い」と呼ばれる天使である。第二は、セラフィム(熾天使)、ケルビム(智天使)、オファニム(座天使)がそうであるが、多数の眼を持ち、多数の翼等を持った姿の天使である。これらは一般的な天使のイメージとはほど遠い怪物的なイメージで表現されている。
第一の天使は、『旧約聖書』『新約聖書』においては、翼など持たず普通の人と変わらない、成人男性か若い男子青年の姿で現れる。または姿が見えない。姿が見える場合も、男性の姿であると考えられている。
 by Wikipedia

ミカエルやラファエルやガブリエルを名乗る人達がいます。それぞれの天使を守護天使とする人であったり、天使の人間としての生まれ変わりだと主張する人達です。

天使が伝言メモとして何を人間に伝えているのでしょうか。
当然"愛"ですね

"愛"の様々な形を成したのが"天使"ということではないでしょうか。

愛・天使であればその言動は全てに置いて"愛"です。だから
"愛"が見える人がいます。"愛"を見える人がいます。"愛"を感じる人がいます。"愛"と話せる人がいます。自分を"愛"だと主張する人がいます。

天使を"愛"とする人達にとって天使は実存するのです。
2012/05/22 (Tue) 10:52 |恋愛および愛 |トラックバック(1) |コメント(0)

愛・再考


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

心の余裕が無いと"寛容"を奪います。
"愛"の一つの大きな側面が"優しさ"ならもう一つの側面が"寛容"でしょう。

愛を再度考えてみましょう。

心の余裕は忙しい時や何がに集中している時に失われ易いものです。自分のやりたい事を他人の要求よりも優先するために"しっかり聞き、じっくり対処する"事が出来ません。
自分のやりたい事をする時間が失われると信じているから、他人の為に時間を作ろうとしないのです。
"時間がない"という時、心の余裕が失われ、寛容さが無くなるのです。

"時間はいくらでもある"と信じている時、他人の為に時間を分ける事が出来ます。
つまり"余裕"を持てるのです。

自分の信念の中に"いつも時間がない"があるといつも時間が無い現実を見ます。
"いつも時間がない"に意識するから"いつも時間がない"思いをするのです。
自分の信念の中に無い現実は見ること、意識することは無いのです。
現実に自分の信念の無い出来事が起きても自意識出来ません。若しくは、無意識に無視してしまいます。

"時間がない"も"時間がある"もその人の幻想(観念)の中にしかありません。
幻想(観念)を打ち破ったところに真の心の余裕が生まれます。

真の寛容が生まれるのです。

"愛"が成り立つのです。

そして愛が"再興"するのです。
2012/05/20 (Sun) 14:21 |恋愛および愛 |トラックバック(1) |コメント(0)

愛は何も救わない


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

救世主は現れません。
誰かにあなたが救われる等と言うことは起きません。
愛があなたを救う事もありえません。

愛のすることと言ったら、ただ分け隔てなく、ただ粛々と、あらゆる物に、あらゆる者に、あらゆる場所に、あらゆる時で、その身を惜しみ無く差し出す事です。

人間はその姿に自分のフィルターを重ね、受け取れる"愛"にして、小言を言っています。

生活の糧を得る苦労をしている人は金銭的な助力してくれる人に助けられたと言うでしょう。
時間的な枷を嵌められて独力での仕事の成就が出来ない人は協力して対処してくれる人に助けられたと言うでしょう。
肉体的暴力を日常的に受けていながら逃避する事が叶わない人は公的援助者のアドバイスに従って避難することが出来たなら国に助けられたと言うでしょう。
過去のトラウマから精神的苦痛を受けつづけている人は助言幇助して苦痛から開放してくれる精神的カウンセラーに助けられたと言うでしょう。
慢性的な肉体疲労や加齢による腰痛等で日常的に痛みを甘受している人は現行医学では直せなくてレイキや鍼灸や按摩などで痛みが軽減されればヒーラーや施術師に助けられたと言うでしょう。

助けられるには助けられる人に為らなければ出来ません。
人間は無意識にせよ、意識的にせよ、想うように生きています。(思うように生きていないと感じる人は無意識に想ったように生きています。)
極論ですが、救いを求める人は自ら"救いを求める人"に成れるような環境を求めているのです。

生活の糧を得る苦労をしている人は苦労をして救われる体験を望みました。
独力での仕事の成就が出来ない人は仕事が独力では出来ないのを実感して救われる体験を望みました。
肉体的暴力から逃避する事が出来ない人は暴力からは逃れられない恐怖を感じて救われる体験を望みました。
精神的苦痛を受けつづけている人は精神的苦痛を感じて救われる体験を望みました。
日常的に痛みを甘受している人は現行医学では直せない病気から救われる体験を望みました。

金銭的な助力してくれる人、協力して対処してくれる人、公的援助者、精神的カウンセラー、ヒーラーや施術師は確かに居ました。でもその人達を受け入れたあなたにあなたは助けられたのです。
拒否すれば"助けられる体験"は出来ませんでした。
愛はあなたを助けてはくれません。あなたが自分を助けるしか無いのです。
2012/05/18 (Fri) 12:39 |恋愛および愛 |トラックバック(1) |コメント(0)

愛が歪む時~自我くんの責任転嫁


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

ComputerのMan Machine インターフェース はキーボードです。
アルファベットの記号を打ち込む事でソフトウェアに人のしたい事を伝えています。
"ai"と打ち込み漢字変換することで"愛"と表示させています。一定のルールで決まった事しか出来ません。"ai"と入力して"優しさ"と表示させる事は出来ないのです。

自我くんは人間の肉体と心のインターフェースです。
Man Mind インターフェース です。そして一定のルールを持っています。
人間の五感から入るデータや肉体からのデータを解釈してMind(心)に状況説明することです。それは思考を生み出すと言うことになります。
だから、自我くんにとっては人間の五感や肉体(環境)は原因であり、思考は結果なのです。

だから、自我くんにとっては"責任転嫁"が基本なのです。

思考のルール(観念)は自我くんが環境と結果から導いた経験則で、正しい事なのです。

環境の変化があった時、自我くんは観念(思考のルール)に基づいて解釈します。環境(人間の五感や肉体)の変化は自我くんには思考の結果ではありません。

"愛"が受け入れて貰えない時、好きな相手に想いを受け止めて欲しくて"愛"を歪めて"憎悪"にして受け止めて貰おうとします。
"憎悪"は相手に対する歪んだ"愛"なのです。

"愛"が受け入れて貰えない時、好きな相手の想い人に想いを伝えたくて"愛"を歪めて"嫉妬"にして間接的に想い人に受け止めて貰おうとします。
"嫉妬"は相手に対する歪んだ"愛"なのです。

"愛"を責任転嫁して歪めてまでも想い人に伝えようと自我くんはするのです。

自我くんは悪く無いのです。

自我くんにそこまでさせる想いが強すぎる事が悪いのです。
"強すぎる想い"は"愛着"であり、"苦しみ"の原因となるのです。
2012/05/16 (Wed) 10:58 |恋愛および愛 |トラックバック(1) |コメント(0)

愛が歪む時~自我くん頑張る


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

愛は太陽のようなものです。
人には太陽のような愛が強すぎるから、自我くんが日傘のように頑張って遮って愛を弱めています。
愛は惜しみなく別け隔てなく降り注いでいるのです。自我くんが頑張っているのは愛のもたらす日焼けから守ろうとしているだけなのに、愛を減らし過ぎて歪めているのです。

愛は台風のようなものです。
人には台風のような愛が強すぎるから、自我くんが岩のように頑張って居座って愛を弱めています。
愛は誰をも巻き込む強さがあるものなのです。自我くんが頑張って巻き込まれないようにしたところで一緒に巻き込まれ、返って混乱させるだけなのです。

愛は空気のようなものです。
人には何気なくある愛が感じられなさすぎるから、自我くんが頑張って色をつけて愛を強めています。
愛は誰にでも必要なものです。自我くんが頑張って欲望に混ぜて見せても、愛でなくなり歪めてしまうだけです。

愛は感じるもの、体験するものなのです。
自我くんには愛が解りません。解らないながらも自我くんは一生懸命解釈しようとします。
片言しか解らない通訳のようなものです。ドイツ語を聞いて英語にしようと頑張る韓国語の日本人通訳のようなものです。
歪めるつもりは無くても正確でなくなるのは無理も無いのですが、自我くんにはその自覚はありません。
しかも自我くんを通さないと世界を認識出来ないのが人間なのです。

自我くんが頑張れば頑張るほど愛は歪んで行くのです。
2012/05/15 (Tue) 20:52 |恋愛および愛 |トラックバック(2) |コメント(0)

愛したい気持ち


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

〇愛せない。
でも、キライじゃあ無い。
●愛すべしと思う?
好きで一緒になったのに生活を共にしていると少しずつキライなところが見えて来ます。
"キライ"ってどうして思うのかな?

〇自分の思う通りの事を好きな筈な人がしてくれないから、前はホイホイ気軽にしてくれたのに今回は拒否るから~

●たまたま忙しくて手が空かなかったのか、その気に成れなかっただけなのかも知れません。

〇いつも同じように愛してほしいのに~

●あなたも相手をいつも同じように愛しつづけていますか?

〇自分は出来ないけど、好きな人にはして欲しい!

●自分の我が儘を相手に押し付けているだけですね。それが好き・愛しているという事でしょうか?

〇じゃあ、この気持ちは嘘なの?

●気持ちは嘘で無いでしょう。気持ちの出し方、態度、言い方が誤っているのです。

〇どうするのが正しいの?
●正しい/誤っている という考えは違うでしょう。相応しくない/相応しいという事です。
例えば"思った通り、期待した通り"に相手がしてくれないから嫌な思いをした時は『キライ』と単純に言うのでなく、『あなたの***で気分が悪かった。今度はこうして欲しい』というように自分の気持ちと希望を切り分けて言うのが善いでしょう。

〇そうすれば愛してくれるかな?

●よりあなたの気持ちが解って貰えるようになるでしょう。好きなんだから、一緒にいたいんでしょう。なら、気持ち良く付き合いたいよね。自分の気持ちを伝えるだけでなく、相手の気持ちに応えてあげられる余裕が生まれるから。

〇"余裕がないから"キライって言っちゃうのかなァ~
●お互いに相手の気持ちに丁寧に応えられたら、ちゃんと気持ちを正確に伝えられたら誤解は生まれ難いですね。"キライ"って短絡的に言ってしまうから悲しい思いをしてしまう訳です。
〇愛しているのに別れちゃう!

●好きの最上級が"愛している"じゃあ無いんですよ。好きという言葉に責任を持つ事が"愛している"なんです。
2012/05/12 (Sat) 10:53 |恋愛および愛 |トラックバック(1) |コメント(0)

愛の誓い


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

この世に産まれて来る前は
愛と話して
愛に準じ
愛に馴染み
愛を守り
愛を求め
愛を信じ
愛を違えず
愛を産み
愛を殖やし
愛の為に生まれ
愛の為に生き
愛の為に力を注ぎ
愛の為に恥を濯(スス)ぎ
愛の為に夢を語り
愛の為に努力し
愛し続ける

そう誓った。
でも、人は直ぐに愛との誓いを忘れたのです。

人は愛が無くても生きられると嘘ぶき、愛を無視して来たのです。

愛が支え
愛が力を貸し
愛が夢を与え
愛が未来を作って来た事も知らずに人は生きています。

なのに人は、自分勝手な愛を作り、愛をなじり、愛をおとしめて、更に愛を憎んで来たのです。

愛は誓約を護り、持てる全てで人間を活かし続けています。

人は心の奥底で気づかずに愛を求め、愛に縋り、愛を杖にし、愛と共に歩んでいます。
愛を取り戻して下さい。
いえ、あなたの陰に潜んでいる愛に気づいて下さい。心落ち着かせ、一人静かに佇む時、愛は浮かび上がりあなたに微笑むでしょう。
2012/05/11 (Fri) 11:24 |恋愛および愛 |トラックバック(1) |コメント(0)

愛に生きた人々


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

自然に親しむ生き方をしている老人の人当たりは優しいものです。
土をこねるが如くまろやかで尖んがった所が無いものです。
自然の流れは淀みがあり、まろびつころびつ上手い位に進むものです。
そんな自然の流れを身につけるのでしょうか。
自然と渾然一体になった生き方を自然の中で暮らす人は習得するようです。

晴耕雨読の老年期で生を終えたいと願う人は多いですが、実行する人は少ないです。
便利で刺激的な生活に馴れて麻痺しているせいでしょうか。心に穏やかさというものを蓄積出来ないようです。思った事を口にし、感じたままをぶつけ合う生き方をしているようです。
愛が少ないか、愛を向ける方向が自分だけであったりしているようです。

自然は厳しいだけでなく、とても優しいものです。
自然は共生互助の関係で成り立つものなので愛に溢れています。
とても弱肉強食の言葉だけではとても説明出来る事ではありません。
自然の中で人間も暮らせば同じ仲間として生きる事になるから愛を身につけるのでしょうか。

振り返れば自然の中で愛に生きた人々がいたのです。愛を取り戻すには自然と暮らすのが一番なのかも知れません。
2012/05/08 (Tue) 19:56 |恋愛および愛 |トラックバック(1) |コメント(0)

愛に縋り付く魂


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

愛の光は灯台の光のようなハイビームではありません。海を行く船のような魂の行く末を示してくれるものでは無いからです。

あの世にせよこの世にせよ、魂が進む道は暗闇の中です。
人生が手探りで進む経験則で出来ているように、魂の行くべき道など決まってはいません。

占い師やセミナー講師などは盛んに魂の成長やら技能の向上が必要と説くのですが、実質本人に取って良いのかどうかなんて判りません。愛の光で導いているつもりでいる占い師やセミナー講師ほど厄介窮まるものは無いからです。
お節介と拒否権を発動したら反感やら激怒を買ってしまうでしょう。

何かに縋って生きてきた人にとっては手取り足取り指導して貰えるので願ったり叶ったりかも知れませんが、結局は自分を生きているとは言えないでしょう。悪く言えば占い師やセミナー講師のコピー人間になるのがせいぜいです。

縋り付く杖を持たずに自分の足で立って歩く、他人の言動に左右されないべきでしょう。
そうでないと魂は愛にすら縋り付く事になります。縋り付ける愛は愛ではなく、愛着という自分を苦しめる蛇です。

人生が暗闇の中にあっても、自分を信じて欲望に負けずに偏見なく自力で人生を突き進むのです。
頼りにするのは愛という灯です。
愛を"目指して"進むことが正しい道と言えるでしょう。

台風が過ぎて荒れ狂っていた波が治まり、雲間から光が差し込む風景、天使の梯子が掛かる風景で、鳥が天の光に向かって回り飛ぶように魂も愛という灯に向かい高らかに飛翔するべきでしょう。
2012/05/07 (Mon) 15:04 |恋愛および愛 |トラックバック(1) |コメント(0)

"愛"と遊ぼう


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

愛を重いものと思っていませんか。愛があなたの人生を左右するものと考えていませんか。

愛はもっと軽いものです。空気のようにあるのを意識しないもの、雲のようにのんびり浮かんでいるものです。
切なくなるほど人を愛してどうするというのですか。愛の深さと同じだけ愛して貰えると思っているのですか。

愛したい時愛(イト)しいと思える人を愛したいだけ愛する。言葉で素直に『愛しています』と伝える、そんな人になりましょう。

人は愛したいと思うときに"愛"せません。
"愛"に溢れている時に"愛"されしている事を実感するだけです。あなたの愛している人を"愛"しているのはあなたでは無いのです。あなたを"愛"しているもの(神?)があなたの愛している人を"愛"しているのです。あなたもあなたが愛していると思っている人も"愛"されているだけなのです。
あなたが"愛"を感じるのはあなたの愛している人があなたを愛しているからではありません。あなたのなかの"愛"が"愛"されている事を喜んでいるのをあなたが気づいているだけです。

"愛"はあなたとそんなに関係を持って居ないのだから、"愛"を重く受け止めるのはやめましょう。

あなたが愛と思い込んでいるものは"優しさ""親しさ""思いやり""いたわり""嫉ましさ""羨み""所有欲""憎しみ"などです。

"愛"は風のようにあなたの中を通り抜け、数多(アマタ)の人の中を駆け抜け、天に帰って行くものなのです。
2012/05/04 (Fri) 08:10 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

愛とは違う憐憫


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

仏さま、質問があります。"慈悲"と"憐憫"とはどう違うのでしょうか。

・・・・それはな、心の位置を見て見れば一目瞭然じゃよ。"慈悲"は心を下に相手を哀れみ、心を配ること。"憐憫"は心をとなりに哀れみ、心を配ることじゃ。"慈悲"には愛が含まれるが"憐憫"には見下しが含まれるのじゃよ。

仏さま、では"憐憫"って何ですか。

"憐憫"はな人間に自我があるから為せる技じゃ。禅宗などをかじったものが"慈悲"と思い違いして行う心掛けが"憐憫"じゃよ。絶望して座り込んだものに隣で立って声掛けしているのじゃ。<大丈夫、元気出しなさい>と言われても、心がこもっていない、所詮、他人事と感じられるだけの事が"憐憫"じゃよ。そこには自我が後ろを向いて、"あーあ、自分でなくて良かった。"と言っておる独り言がある。

仏さま、じゃあ"憐憫"は意味が無いことなのですか。

そんなことは言っておらん。丸きり他人事としか思えん人が、自分の我欲の大きさに気づき、我欲が人を傷つけるのだと知る。我欲を小さくし、他人を傷つけぬよう心配りして生きようとしている人が傷ついた人を労るとき、過去の自分を投影して"憐憫"する。その時、しゃがみ込み声を掛けねば声が届かぬものだと知るのじゃ。"慈悲"こそ必要なのだと知るのじゃ!。

仏さま、興奮しないで下さい~。

う~、コホン。詰まり、他人事の一線で"慈悲"と"憐憫"は大きく隔たりのある心の状態なのじゃ。

仏さま、"愛"と"慈悲"はどう違うのでしょうか。

これこれ、まともに仏に"愛"を聞くな。"愛"は"愛着"であって欲の一つとして無くさねば苦しみを産むものじゃ。"慈悲"は広い意味での"愛"じゃが、対象が人と言う概念なんじゃ。愛着を産む事が無い。"愛"とダイレクトに言ったら人と人とのリレーションの愛着じゃから、自我の歪みを含んでおる。神の"愛"を言うなら"無償の愛"とか言ってほしいのお。

仏さま、ありがとうございました。
2012/05/03 (Thu) 08:59 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

愛に聞きたい事


『愛の光が今を照らし、愛のエネルギーが人の活力になる。』

愛があると言うことは信頼を寄せて大丈夫という事ですか。
愛を感じるには愛を抱(イダ)いていないと判らないものですか。
憎しみとまでいかなくても頭に来るのは愛している証拠ですか。
いつも傍にいて声を聞いていたいと望むのは愛がある証拠ですか。

愛が判らないから自分の心も分かりません。
自分の心が定まらないから愛も分かりません。

愛を問い質せば自分の心も深く探る事になります。
深層心理を探れば愛の深い意味を手に入れられる事になります。
体験からしか愛は感じられず、思考からは愛を理解できないのです。

愛に聞きたい事は沢山あって、愛を知りたい事は山ほどあるから、愛を問い直します。

"そこに愛はあるのかい"と江口洋介が聞くとき、思いやりという愛の存在を問い直しているのです。

愛の百態を見極めれば愛が分かりますか。
愛の擬態を見破れば愛が分かりますか。

愛に聞きたいのです。愛に答えられない愛の難問はあるのでしょうか。
愛に聞きたいのです。愛に解決出来ない愛の疑問は有り得るのでしょうか。

愛を知らな過ぎるから愛を求めています。
愛に包まれ過ぎるから愛を見詰めています。

愛を愛に愛の愛が・・・・知りたいのです。
2012/05/01 (Tue) 16:58 |恋愛および愛 |トラックバック(0) |コメント(0)

プロフィール

きゅうとす

Author:きゅうとす
KIN214
白い律動の魔法使い White Rhythmic Wizard
ドリームスペル「青い共振の嵐」の年 律動の月16日(月)

2007・7より観念浄化を始めました。
生来のマイペースで遅々として進みませんが
自分なりに浄化をしています(笑)
きっとこの先には心軽く楽しい人生があると信じて
います。

2011年TUTAYAコミュが閉鎖されるのに伴いこちらのブログに移行します。
愛、恋愛などをテーマに観念浄化ワークと絡めブログアップします。

好きなブログ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
5525位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
770位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

人生上昇塾

人生に悩んだら・・ココ!

お悩み相談やストレス解消に・・ココ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。